店舗型と無店舗型

風俗店の中でも、ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店では、お店の中にプレイルームが設置されており、そこで性的サービスを提供することとなります。そのように、仕事をするに際して、お店のスタッフによるサポートを受けたり、自分以外の風俗嬢の仲間と知り合ったりするのに比較的適した環境にあるのは店舗型風俗のメリットと言えます。とは言うものの、スタッフや他の風俗嬢と顔を合わせる機会が多い分だけ、プライベートな時間が少なくなるというデメリットも存在します。

 

その一方で、デリバリーヘルスなどの無店舗型風俗店の場合、女の子はお店の用意した事務所や自宅、お客さんから指定された場所などで待機し、仕事が入るたびに派遣先へと出向いてプレイすることになります。

 

したがって、店舗型風俗店と比較すると、仕事の際に、お店のスタッフや他の風俗嬢と顔を合わせる機会は少なくなります。その分だけ、プライバシーの保持率が高くなるので、マイペースな性格で、自分の時間を大切にしたいと考える女の子にはおすすめの風俗ジャンルと言えます。とは言いつつも、店舗型風俗と比べてスタッフのサポートが受けにくく、仲間との出会いが少ないというデメリットもあります。

Comments are closed.